交通事故相談センターに交通事故示談を依頼するメリット・デメリット

交通事故の被害に遭うと、事故によって受けた損害に対する賠償金を加害者に請求する権利が発生します。交通事故の示談交渉は主に被害者と、加害者が加入している任意保険会社との間で行われます。この交通事故示談の際、損害賠償金の算出については相手側の保険会社が行いますが、この金額に納得ができず、示談交渉がまとまらないというケースは少なくありません。どうしても交通事故の損害賠償金の示談がまとまらない、あるいは納得できる損害賠償金にならないという場合には、交通事故相談センターに相談するのも一つの手段となっています。交通事故相談センターは日本弁護士連合会(日弁連)が設立した『自動車事故に関する損害賠償問題の適正かつ迅速な促進する』ことを目的とした組織です。運営には弁護士があたり、交通事故示談に関する様々な内容の相談や示談斡旋などを無料で行っています。この交通事故相談センターに交通事故示談を依頼するメリットは多く、相談やあっせんに関する費用が無料であることをはじめとして、交通事故示談の専門家である弁護士が対応してくれる点などがあります。また、示談斡旋の際には、交通事故の損害賠償金を裁判所基準の算出方法で計算してくれます。加害者側の保険会社が算出する損害賠償金は、一番低い基準である自賠責保険基準の計算方法を用いているのですが、裁判所基準の計算方法ではこの2倍近い賠償金が算出されることになり、被害者側に有利な示談を進めることが可能となるのです。このように、交通事故相談センターへの交通事故示談の依頼はメリットだらけのように思えますが、当然デメリットも存在しています。デメリットのひとつとしては、交通事故相談センターは中立の立場であり、被害者の意思通りに動いてくれるとは限らない点があります。なんせ相談や示談に関して無料で対応してくれますので、あまり無理がきかないということです。また、交通事故相談センターが行う『審査』は強制力がないため、保険会社が従わない可能性もあります。このようなデメリットも存在する交通事故相談センターですが、交通事故被害者にとっては頼もしい存在となっています。