特徴的な交通事故のケースと事故の悲惨さ

交通事故の特徴として人が考えられないようなダメージを人に与えることになるという事を認識しておく必要があります。人の体はとてもデリケートに出来ていますから、少しのダメージでも大きなけがとなりますが、交通事故の場合は考えられないような形で体にダメージが残るという事を考える必要があります。その悲惨さは人がイメージ出来るものを超えていると言ってもいいでしょう。
人は小石が飛んできてぶつかっても大怪我となります。小石はたかだか数グラムでも人に取っては大きなダメージとなるというわけです。ですが、交通事故の場合は何tの世界でモノがぶつかるというわけですから、これがいかに大きなものかという事が理解できるはずです。人がイメージ出来るようなものではないのも当然ということになるのかもしれません。
ある意味では車やバイクというのは人が持つべきものではないものを持っているという事が言えるのかもしれません。というのは、人は何十キロという速さで走ったりすることは出来ないので、そのような速さで動くものを正確に安全に操るような能力は無いわけです。そのため、事故が起きるのだといってもいいでしょう。不注意という事も事故ではよくある原因ですが、どんなに注意をしていても起きるのが交通事故の特徴の一つでもあったりします。それは、人の能力では考えられないものを持つようになったという事からきているという事も言えるはずです。
人の体重の何十倍という鉄の塊がぶつかってくるのが事故ですから、これで人の体が壊れないはずはなく、ほとんどの事故が人の体に大きなダメージを残すこととなるのが交通事故の特徴といってもいいでしょう。全快することもありますが、多くは何らかの後遺症を体に残すことになるので、その後遺症について補償をどうするのかという事で問題になることも多いのが交通事故の特徴でもあります。全快しないほどの体にダメージを与えるわけですから、その悲惨さは言うまでもありません。