交通事故の慰謝料の相場は?

3月から4月は自宅から遠方への移動手段として車を活用するために免許を取得するのが増えます。免許を取得すると車の運転だけでなく身分証明にも使用することができるので便利なのですが、ただ車を実際に活用するときにはぜひ知っていてほしいことがあります。それは交通事故による慰謝料の相場であり、交通事故は自身が気を付けていても車の突然の不具合や相手側の不注意などによって避けることのできない事故も存在するからです。例え自身に過失がなくても車での事故は、現在ではドライブレコーダーの普及で事故の詳細がわかることで負担は軽減されることが増えていますが基本的には法律にある8対2の倫理に従い自身にも降りかかることです。そのため交通事故の慰謝料の相場を知ることによって、どれだけ必要になるのかという目安の知識を仕入れるとともに負担の重さを知ることで避けることのできる事故の啓発にもつながります。交通事故の慰謝料の相場は物損と人身事故で変わるのですが、物損事故の慰謝料では人に危害がなく物が壊れただけなので修理として最低で1万円から最高で建物の破損込だと50万円以下が目安になります。交通事故の慰謝料で最も高くなってしまうのは、やはり人身事故によるものです。人身事故による相場は、相手がけがをした場合には医療費込みで保険適用しても50万円は見ておく必要があります。ただこれはあくまでけがの度合いが相手が擦りむいたもしくは打撲程度の軽傷で済んだ場合であり、交通事故の状態によっては相手に後遺症を及ぼすのが普通です。後遺症がある場合には通院する必要があり、その通院費込になると保険料込みで500万円は必要となりさらに神経が傷つくなどの重い後遺症だと後々の生活費を含むので1000万円以上はかかります。そして交通事故で相手が亡くなった場合には、保険に入っていたとしても慰謝料の額は2000万円以上から億単位になることもあるのです。これが交通事故の慰謝料の相場になりますが、重い後遺症や死亡事故となるととても個人の経済で支えられるものではないため避けられる事故は避けるよう心掛ける必要があります。